悩みの遠視もレーシックで治療

レーシックにおきまして遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。
そもそもレーシック手術は、目の表面にある角膜の形を自分の目の形に合わせるようにしてレーザーを使って調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。 視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。
レーザーで形を整えることの出来る角膜の厚みが十分に確保されている時には、レーシックで遠視を矯正させることが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。

 

免許合宿のことなら
http://www.menkyo-designer.com/
免許合宿



悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:2019/6/14

皆さん、コンニチワー

生理前になると食欲が出てしまって、
せっかくのシェイプアップが失敗に終わってしまったなんて、
経験のある方も多いのではないでしょうか。

シェイプアップの為にご飯制限をして頑張っていても、
生理前になると
食欲が抑えられなくなってしまう方は
少なくないようです。

何度もシェイプアップに挑戦するのですが、
生理前になるとどうしても我慢できなくなり、
それまでの努力が台無しになってしまって
悩んでいる方もいます。

でも、
どうして生理前になると、
食欲が出てしまうのでしょうか?

それは、
月経前症候群「PMS」というものが
原因になっているようです。

「PMS」というのは、
生理の二週間前くらいから現れる
からだと心のトラブルの総称で、
女性ホルモンの分泌量が急激に変化することと
関係があると言われています。

「むくみ」も「PMS」の症状の1つです。
生理の7日間前から
生理の最中にむくみがでやすくなります。

これは、
黄体ホルモンという女性ホルモンが
生理前に卵巣からたくさん分泌されますが、
これがからだに水分を貯めやすくしてしまうそうなんです。

また、シェイプアップしているのに、
生理中に太ったと感じたことはありませんか?

これは黄体ホルモンだけが原因ではなく、
大腸の働きが低下するために便秘になりやすくなります。
なので、生理前などにからだが重たく感じたりするようです。

でも、これらのことは
生理が始まってしまえば次第に改善されます。
ですから、神経質に気にしたりせず、
シェイプアップ中は、上手にストレスの解消をしてみてくださいね。

せっかく始めたシェイプアップなんですから、
気楽に続けることが大切ですよ!

嗚呼,いい気分

ホーム サイトマップ
レーシックでの視力回復について レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 レーシック後には感染症に注意