一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症


一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。




一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:2019/3/04

みなさんは、
「寒天減量」というのをこ存知ですか?

寒天は
食物繊維が豊富に含まれていて、
カロリーがほとんどなく、
少量でもがお腹満足するということで
減量に最適な食材といわれています。

これを積極的に取り入れて、
減量するという方法が「寒天減量」です。

寒天は体にも良いので特に問題はないのですが、
必要以上に摂りすぎると良くないことも起こります。

一日に摂る食物繊維の量があまりに多すぎてしまうと、
過剰摂取によって、激しい下痢などを起こしてしまうそうです。

おれの友達は、
寒天のほかにもいろいろと食物繊維を摂っていたため、
過剰摂取になって、
大変な目にあってしまったと言ってました。

食物繊維は、
発がん性の物質や有害なミネラルを
体から排出してくれる働きがあります。

しかし、過剰に摂取してしまうと、
有害物質と一緒に、
体に必要なビタミンや鉄分までも排出してしまうのです。

すると、ミネラルが不足してしまい、
貧血や味覚障害などを起こしてしまうこともあるんですよね。

成人の一日に必要な食物繊維の量は
約20g~25gということですが、
現代人は13g~18gほどしか摂取できていないそうです。

ですから、その不足分を補うために、
一日7g~8gを目安として寒天を摂ればいいということですね。

寒天減量をするときには、
このような過剰摂取のこともよく考えて、実践してくださいね。

規則正しくバランスの良いご飯を心がければ、
きっと成功すると思いますよ。

一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
一時的なレーシックにおける後遺症
手術中に痛みがあるのかどうか
術後の安定までの日数
レーシックで老眼も治療可能
悩みの遠視もレーシックで治療
医師選びは知識と経験が大切
レーシックでの視力回復について
レーシック後には感染症に注意
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)人気絶頂!レーシック情報倶楽部